山形県鶴岡市の特産品、枝豆の王様“だだちゃ豆”を中心に山形の特産品を販売!産地山形県鶴岡市から発送致します。
 

山形県鶴岡産だだちゃ豆【権四郎だだちゃ豆】のご案内

  「鶴岡産だだちゃ豆」の
採れたてを直送致します。
 
 鶴岡産 権四郎だだちゃ豆は、山形県庄内平野の南端に位置する白山地区・寺田地区は霊山「金峰山」から流れ出る湯尻川がもたらす肥沃な土壌と、農業一筋200年の歴史をもつ権四郎が米と豆をつくり続けることで、おいしい枝豆が出来ます。
 
 
 だだちゃ豆は山形県鶴岡市で収穫される枝豆で、中でも白山地区・寺田地区が発祥の地とされ、サヤの表面が茶色の産毛で覆われているのが特長です。茹でた時の香り、味は他の枝豆を寄せ付けません。
 
 
 
 また、当社取扱の枝豆は山形県認定のエコファーマーで作られています。エコファーマーとは、土作りに力を入れ減化学肥料・減農薬に取り組んだ農家が県から認定される制度です。おいしさと安全の印です。
 
 
 ながほりファームブログでは、現在の豆の生育状況を生産地からお伝えしています。他にも、お米の生育状況や全国各地の催事場からのレポートなどを随時掲載していますので、ぜひ定期的にアクセスしてみてください。
 
権四郎だだちゃ豆の収穫時期と品種
 
収穫時期 8月上旬 8月中旬〜8月下旬 9月上旬〜9月下旬
品  種 早生種 だだちゃ豆 白山種 だだちゃ豆 晩生種 だだちゃ豆
特  長 一番早くだだちゃ豆をご賞味いただけます。 白山で栽培された白山種はやはり一番人気です。 冷凍保存に適しているとされています。
各収穫時期は天候により多少ずれる場合があります
 
         
権四郎だだちゃ豆が出荷されるまで
         
 
だだちゃ豆畑 収穫間近のだだちゃ豆 だだちゃ豆収穫 だだちゃ豆の脱穀
1. 広大なだだちゃ豆の畑
ここで権四郎だだちゃ豆は育ちます。
2. 収穫間近なだだちゃ豆の畑
大地にしっかりと根付き青々と育っただだちゃ豆、収穫間近!
3. 収穫されただだちゃ豆
ラックに積まれ次々と入ってきます。
4.脱穀作業
収穫した枝付のものを短時間で脱穀します。
だだちゃ豆の選別 だだちゃ豆の袋詰め だだちゃ豆の袋詰め だだちゃ豆発送準備完了
5. 選別作業
熟練した人達が傷ものや稔りの良くないものを手作業で手早く選別します。
6. 選別されただだちゃ豆 7. 洗浄、ふくろ詰め作業
選別されただだちゃ豆を傷まないよう丁寧に素早く洗浄し、袋詰めを行います。
8. できあがり!
発送準備ができました。 だだちゃ豆は鮮度が命!一連の作業を短時間で一気に終えます。
 
だだちゃ豆栽培の様子はこちら
 
         
だだちゃ豆は他の枝豆に比べ美味しいだけではありません。
 
   だだちゃ豆に大量の疲労回復成分…山大・阿部教授が発見 (2011.02)
だだちゃ豆ニュース
拡大写真
 山形大農学部の阿部利徳教授(62)(遺伝育種学)は、鶴岡市特産の「だだちゃ豆」の成分に、肝機能改善や疲労回復に効果があるとされるアミノ酸の一種「オルニチン」が、一般的な枝豆の最大約5倍も含まれているとの研究成果をまとめた。

だだちゃ豆は美味しいだけではなく、体にも良いということですね!

(左の新聞画像をクリックして拡大画像をご覧ください。読売新聞より抜粋)